グッドモーニング ブログ

ステキな貴女を応援します

眉毛のベストポジションを探る

 

おはようございます❣️
 

f:id:CMcompany:20190323030532j:plain

 
自眉毛を整える選択として、「他力」の次は「自力」について考えてみたいと思います。
 
以前、私を例として眉毛と目のバランスについて説明しましたが、わかりやすいように絵で説明したいと思います。
画伯の下手さは大目に見て下さいね😅💦
 
先ずはスッピンです。眉毛と目のバランスは正確に描いてます。↓

f:id:CMcompany:20190322203241j:plain

 
客観的に見ても、瞼が広く目が細いのが良くわかります。
 
 
この比率をできる限り黄金比に近づけた眉メイクが、次の絵です。↓

f:id:CMcompany:20190322203138j:plain

 
アイメイクで目の縦の長さが増え、眉毛の下ラインを下げたことで瞼が狭くなってます。そのお陰でスッピンに比べ、目が大きく見えると思います。
 
 
並べてみました。↓

f:id:CMcompany:20190323030743j:plain

画像の撮り方で若干誤差はありますが、ベースとなる絵は同じものを使ってるので、違いが良くわかると思います。
 
 
注目して欲しいのは、眉毛の上ラインを基準に眉毛を太くしていること。
 
下ラインに描き足して、理想の眉の太さ8㎜を超えないようにするために、眉毛上部は常にシェーバーで剃ってます。(右絵の眉上の部分)
なので、スッピンの眉毛の太さは4㎜位しかありません。
そして眉毛下部には手を加えないようにしてます。
 
 
自眉毛を整えるにはどうすれば良いかを考えた時に、眉毛の形ばかりを気にしがちです。
でも、絵を見るとわかるように、眉毛と目のバランスを変えただけでも、目の大きさが違って見えたり古い印象や老けた印象は変えられるんです。
 
私と同じように瞼が広い人は、眉毛の形の前に、先ずは以下の点を取り入れてみて下さい。
 
①今の眉毛の上ラインは、綺麗にキープする
眉毛上部の産毛は処理して、毛並みを整えても上に飛び出してる眉毛は長さを揃えるようにカットすること
 
②今の眉毛の下ラインは、あまりいじらない
瞼を綺麗にしようとするあまり、下ライン部分の大事な眉毛を剃ったり抜いたりしないこと
 
③眉メイクをする時に、眉毛の下ラインをいつもより1㎜下に足して描く
いきなり足しても抵抗ない1㎜から始めてみること
 
④眉メイクは淡く(薄く)なるように、ぼかす
眉毛のポジションを変えることばかり気にすると、眉メイクが濃くなりやすいです
太すぎと感じたら、濃すぎる前兆かも?
スクリューブラシやアイブロウブラシでぼかしてみること
 
 
特に③は、人によってはすぐに違いを感じないかもしれません。
そんな時は、さらに1㎜下に描き足してみましょう。
 
また眉毛は主張し過ぎてもおかしいので、④のぼかしも大事なことです。
今時の眉は「ナチュラル眉=自然な感じ」なので、描き足してます感が強いのはNGですよ‼️
 
下ラインを足していくと当然眉毛自体が太くなります。
目の縦の長さと比べて眉毛が太くなりすぎているなら、私のように自分の眉毛に手を加える必要があるかもしれないですね。
 
元々、瞼が狭い人もいますが、年齢と共に徐々に広くなるのは宿命?
一般論に近いですが、とりあえず、1㎜下に描き足すことから始めてみましょう。
 
 
今日も貴女のお肌と心が、潤いますように💕
 
 
#眉毛のベストポジション
#眉毛を下げる
#瞼を狭くする